記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑隧道2

載せました。
御用とお急ぎでない方、上部「サイト」よりご覧ください。




スポンサーサイト

コメント

とっても楽しい(^^)


しかし漢字が多くて読めないのもある‥‥(爆)
いやね、ギルさんが探訪しだしてから羨ましかったす♪
僕もこういうの大好きで、木曽にはこういう場所がいっぱいあるの。
森林鉄道の廃線もいっぱいあって、1度だけshinbunさんに付き合ってもらって、
朝から延々歩いたことあるのですけど、、、ほら、、、僕は心○が悪いから
朝から長々と歩けないんですよね。(;_;)
携帯通じないところはヤバイし・・・。(σ。σ)ウルウル
だからそんな中で僕は例のハゼを撮ることにしたのね。
ハゼなら常に現地の方の生活基盤になってる場所で撮れるから。(^^ゞ
ギルさんの探訪やサトシさんの源流釣行はホント、見せてもらえてとっても感動&嬉しいっすヨ♪
しかしなんですなぁ、やはり瓦ってのはいいですなぁ。(笑)
僕もこんな煉瓦のトンネルって見たことないや。すげ~~~~!
う~~~ん、僕も木曽のこういう写真にチャレンジして作風を変えていこうかな。o(^-^)o
なんだか楽しくなってきたぞぉ。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

へっぶしゅい


煉瓦のトンネルすごいねぇ~!!
アレを人の手で。。。と思うだけでみとれちゃう~^^
綺麗!といわれる煉瓦にワタシもなりたい(爆

草が鬱蒼としげる季節も楽しそうだね!

『隧道』って なんて読むのかなぁ~♪~( ̄ε ̄;)
あっ!気にしないで。。。これ独り言だからぁ

煉瓦っていいですよね~~。
あったかい感じがして、、それに美しいし・・・
それにしても、、煉瓦ってどうやってあんなアーチに積み上げる事ができるんでしょ?
上から落っこちてくるやん???
って、、単純に思うんですけど~~~(笑
ん・・・?ここはどこ?
次は、、いつかなぁ~~?(*^m^*)

◆irakaさん


とっても楽しんで~♪
irakaさんの事情や、性格(?)も知ってるつもりだからホント近所だったら・・・
なんてしょっちゅう思ってるもの(^^)。

木曽は林業が盛んだから今でも沢山ありそうだもんね。
実働してるのもあるみたいだし。
いつか行ってみて~~~!!
行ったらさ、案内してね。
あの1本コナラにも逢いたいし(^^)

煉瓦トンネルってのはほとんど明治の頃のモノらしいよ。
坑口が煉瓦巻のまんま残ってるのって少なくなってきてるらしいけど、
洞内は煉瓦巻のまんまってのはまだ結構あるみたい。
鉄道トンネルだから気にしてないと気付かないってのが多いんだって。

作風を変えるんじゃなくて足してったら良いんじゃない?
アタシは未だに“写真を撮りに行く”ってのが出来ないのね。
“なになにしに行くからカメラ持って行こ”が基本なのね(笑)。
だからirakaさんの様にテーマを決めて撮るってのってスゴイと思う。
無理しすぎない程度にぐぅわんばって!(^^)

◆sakiちゃん


そうでしょ!
ホントね、すんごいよ、実際見ると。

ん?
煉瓦になりたい?
・・・焼かれるのよ?(爆)

緑の季節にも行って見ようと思ってるよ~。

『隧道』ね、「ズイドウ」と読むのよ~(^^)。

◆ameさん


そうなんよ!
どうやったらま~るく出来るんだろうね・・・。
実際は素掘りで穴掘って、その後に煉瓦を積むんだと思う。
その煉瓦同士を漆喰で固着しつつ巻いたんだろうね、きっと。

ここはどこ?
はもう少し待っててね(^^;

見事だねぇ。素掘りのトンネルは何本も見てるけど、意外と煉瓦ってないなぁ。
翼壁(確かそういう呼び方だったはず)も煉瓦で出来てるのなんて、素晴らしいぞ。子供時代に作った鉄道模型のレイアウト思い出した(^_^;)

◆サトちゃん


ホント見事だよね。
これは是非見に行った方が良いかと。
んでも同じ埼玉でもサトちゃんちからだと遠いよね(笑)。

翼壁っていうんだ!覚えとこっと。
ほとんど欠けたりしてなかったから雑草を全部取り除いたらまだまだすんごい立派な坑門が復活するよ。

行く機会を早めに作った方がいいかも。
理由は「3」となる最終章で書くから待ってて。

お誘いがなかったよ~~~

今回も楽しそうでしたね。
私も行ってみたかった。
ん?
また行くのかな???
是非お誘いください。

◆モグラさん


ごめんね~
なんせ急に思い立ったんでさぁ、次は声かけますよ(^^)

あそこもまた行くよん。
トンネルの上の峠っちゅ~のも気になるし。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。