記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六弾完結

お知らせする前に見てくれた方、ありがとう。

一応完結ですが、まだ知りたい事がてんこ盛りです。
判明順に随時書き足すかもしれません。
もしくは別記事にするかも(^^)。




追記

こんなの作ってみました。行程図です。
スポンサーサイト

コメント

見たど!
帰りもいろいろ撮ってたんだね。
で、あれって、かまどかい! 下降りてコンクリの写真撮ってたと思ったけど(笑) デカイかまどだねぇ。いったい何人前の料理作れるんだか。

んでね、「全国森林鉄道」来たよ。
入川見てみたら、いろいろ新事実発見。
ひとつは矢竹沢の橋だけど、最初はあの朽ち果てた木橋だったんだけど、後に現林道のルートに架け替えてる。そこ渡ってる列車の写真あったよ。
あと、途中にも索道があって、積み下ろししてたみたい。
あとは深部軌道は全く地図に無し。で、川又の橋はやっぱり当時のままだね。で、なんとその橋上にデルタ線あり(@_@;)
滝川支線に向かうとこに左カーブがあって、その先直線だったじゃない。あの直線の左側は貯木場だった等々。いろいろ分かったよ。

◆サトちゃん


そう、かまどだったのよ。
現地じゃさっぱり分からなくてさ、写真を90度回してみたらおお!!って。(笑)

矢竹沢の、へぇ~。
んでもあの坂は違うよね。
索道、やっぱあの2本の柱跡みたいなのがそうなのかな。
デルタ線て知らなかったんで今調べたけど三角線なのね!
で、川又の橋ってどこだっけ?(^^;
車停めた橋?

今度その本見せてね。
アタシも今到着待ちの「秩父演習林の歴史」ってのがあるからさ。
東大「秩父演習林企画広報委員会てのが作ってるみたいで、
どんなんかわからんのだけどね。
もしかして小学生用の教材だったりして(^^;。

【こんなの】・・・良く解らん。
どうやって使ったり、見たりすれば、
「へぇ~」って思えるの?
利用価値を教えて下さい。

◆大師匠


うん、利用価値はあんまりないね(笑)
んでもさ、あ、作ってみた?
地図上にある道ならばポチポチと左クリックしながら適当な距離をなぞっていくだけで線が出来るのよ。
マグネット切抜きツールみたいに(笑)。
そうすると大体の距離が分かるのと高低差が分かるってとこかな。
アタシも今後使うかどうかわからんしね(笑)。

へぇ~(爆)
地図の向きと高低差の向きが東西逆になった場合など、
見づらくてイライラする(爆)

あの坂は登ってなかったと断言してもいいでしょ。
で、旧矢竹沢の橋のとこ広場があったじゃない。あそこには小屋があったみたい。最初はあそこが終点だったし。

そうそう、川又八間橋は車止めたとこ。廃探の完結編にその辺の見取り図載せたりして、すこし改訂したよ。

◆大師匠


>地図の向きと高低差の向きが東西逆になった場合・・・
確かに(笑)。

◆サトちゃん


小屋があったの!
やっぱそっちの本の方が詳しいな。
小冊子は基本情報しか載ってないや(笑)。

改訂、ザッと見たけどまた後でゆっくり見させてもらうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。