記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥多摩むかし道4




ここを左へ行く。


mukasimiti-098.jpg

すぐに行き止まりになって間違えたかと思ってしまった(^^;
この左にある階段がむかし道らしい。




mukasimiti-103.jpg

階段を登ってすぐに左に曲がり階段を降りる。




mukasimiti-108.jpg

なんじゃこりゃ?
黄色いセンターラインがあるのは青梅街道。
小尾根を乗越ただけだ。




mukasimiti-112.jpg

なるほど。
忠実に辿るとこうなのか。
このアスファルトの道を行く。




mukasimiti-119.jpg

また少し進むとお手製のベンチらしき丸太が。
ここで少し休憩。
おにぎりひとつパクつく。




mukasimiti-120.jpg

前を見ると境の集落が見えた。
その奥に水根線の第4境橋梁も見えた。

mukasimiti-122.jpg

ズームイン!(笑)




mukasimiti-132.jpg

奥多摩から2番目のトイレ「小中沢トイレ」




mukasimiti-135.jpg

小中沢を渡る第2境橋梁。
コレだ。




mukasimiti-143.jpg

境集落にそびえる境第4橋梁が見えた。


mukasimiti-149.jpg

この建物は廃屋ではないと思うのだけど、妙にマッチしている。


mukasimiti-150.jpg

この角度からの眺めも気に入った。




mukasimiti-155.jpg

さて、次はここを右前方へ行く。


大きな地図で見る

<< つづく >>
スポンサーサイト

コメント

おもしれ~。
なんかワクワクするよ。
栃本とは交流あったろうね。

あ、、、ちゃんとおトイレがあって安心・・・(笑

私も~~、この角度からの眺め・・・気に入ったよん♪
左のレールみたいなのは何・・・?
前のレポートに書いてある?ちゃんと読めっ!!(*^m^*)

◆サトちゃん
ワクワクしてきた?
これからが奥多摩むかし道らしくなって行くよ~(^^)

栃本とはあっただろうね。
奥多摩のもっと奥の一ノ瀬集落から山越えで奥秩父までの道もあったらしいもの。
昔は桟橋が掛っててジープで辿ったって人に聞いたことあるのよ。
1度探しに行って見たんだけど、道の入口すら見つけられなかったよ(^^;

◆meg.さん
女性はトイレのアルナシで大きく違うよね(笑)。

あのレールは山仕事や段々畑への昇り降りに使うのよ。
人も荷物も乗せてね。
1回乗ってみたいけど、知りあいでもなきゃ無理だろうね。

ジープで辿ったって前にギルちゃん、言ってたね。
見つけてみたいな、その道。
桟橋ってのも凄いし、ジープで辿れたってことは広い道なんだよね。

◆サトちゃん
桟橋ね、直しながら進んだって言ってたよ(笑)

ただね、秩父側へ抜けられたかどうか聞いたような聞かなかったようなで忘れちゃってんのよ(^^;
んでもまぁ、一ノ瀬高原見るだけでも良いからいつか行ってみようよ。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。