記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥多摩むかし道10




9の最終地点の尾根に謎の構造物があった。
なんだろ?これ。
触ってみても解らなかっただろうけど、触ってみればよかった(笑)
mukasimiti-434.jpg

どうやらここが数年前に大崩落した場所らしい。
今では桃色のコンクリートで固められ復旧した。
それまではこの尾根の下を潜る水根線のトンネルが代替利用されていた。

mukasimiti-438.jpg

またまた写真だと距離感が伝わらないが、結構な谷である。
落ちたらそのまま青梅街道まで転げて行きそうだ。




mukasimiti-440.jpg

小さな橋を渡る。

mukasimiti-443.jpg

どこから持って来たのか、白いガードレールで補強された道。
ここも小崩れでもあったのだろうか。




mukasimiti-449.jpg

ここも狭いなぁ。
人1人やっと。




mukasimiti-450.jpg

非常用洪水吐が見える。
本ダムは左の小山の向こう側になってしまい見えなくなった。




mukasimiti-452.jpg

ん?

mukasimiti-453.jpg

んん??
あれ?!
こんな位置に来てんのか!!

こんな位置 ←クリックで別窓

この写真の右下の小さな駐車場の真上っぽい。
ずいぶんと回り込んで進んでるんだなぁ。




mukasimiti-457.jpg

げっ・・・

無茶苦茶狭くねーか?おい。
手すりも谷側に傾いてるし・・・

だが。

mukasimiti-458.jpg

落ち葉が沢山流れ落ちて溜まってるだけだった(笑)
それでも今度は逆に道に穴でも開いてたらエライこっちゃなんで慎重に進む。




mukasimiti-459.jpg

今度はコンクリート橋だ。

mukasimiti-462.jpg

この案内板、一瞬「どっちも一緒じゃん!!」てツッコミそうになったぞ!
ねぇ、どう?(笑)




mukasimiti-464.jpg

滝のり沢バス停とはここ↓。
takinoribasutei.jpg

mukasimiti-465.jpg

バス停方面へ下りて行く道が水根新道。
この案内板を読んでこの区間のむかし道がいか大変だったかを知る。

mukasimiti-466.jpg

記念碑が建つ。
裏には名前やら何やら沢山彫ってある。

mukasimiti-467.jpg

少しだけ、ホント少しだけ新道を下ってみた。
なるほど、道幅1間は伊達じゃないな。




mukasimiti-470.jpg

さて、新道はまたの機会にして旧道を行く。

mukasimiti-472.jpg

あ~しんどい!!
この場所からなんだかすごーく急坂になり始めた。

mukasimiti-473.jpg

登りきったのか??



mukasimiti-474.jpg

さっきの崩落地の事だろうか。


mukasimiti-475.jpg

案内板から振り返って。
右下から登ってきて左上へとすすむ。

mukasimiti-476.jpg

左上へと進んで振り返って。
今度は右上へと登る。
距離は無いが何しろ急で疲れる。

mukasimiti-477.jpg

デジャブか?!(笑)
右下から登ってきて左上へと進む。
四角いコンクリートはなんだったんだろう。
この時は九十九折れの頂点で撮影するのが精いっぱいで辺りをなんも見てなかった(^^;




mukasimiti-478.jpg

なんだよ!!

公開してないんかい!!
最初の案内板にも記してあって、
青目不動尊てどんなんだろう?
目が青いのかな??とか、ちょっと期待してたのに。
ん?

あ・・・・

aome.jpg

書いてあんじゃん...(ToT)/~~~





大きな地図で見る

この区間の地図上の青線は大体こんな位置かな~です。

<< つづく >>
スポンサーサイト

コメント

うほ、楽しくなってきたよ。
どんどん細くなって心細いなぁ(^_^;) 落ちたらヤバそうだし。
この先も、まだ続いてるんだね。

デジャブ、笑った。同じ写真か?と思ったよ(^^;

◆サトちゃん
いつか一緒に行こうよ、むかし道。
ホント、柵が無かったらゼンマイ道と変わらんよ(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。