記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥多摩むかし道14ラスト




この写真は振り返っての撮影なので、
この真逆、後ろへ進む。

mukasimiti-555.jpg

苔生した古い石垣の上に並ぶ・・・なんだ?

mukasimiti-557.jpg

なんと、陶の便器だ。
なんでこんなに並んで置いてあるんだろう。
30mぐらいに渡って置いてあった。
柵なのか?
さっきの工房で作っているのだろうか。




mukasimiti-560.jpg

かなり古い様に見える石仏。
右手に持つのはなんだろう。
背丈は40cmほど。
背中も見たかったが、触るとゴロンと転げ落ちそうだったのでやめた。




mukasimiti-562.jpg

楽しそうなアナタはどなたですか?
その背中に背負った薪・・・じゃなくて丸太はなんですか?!
かなり重くないですか?



では。




mukasimiti-566.jpg

あぁ、何か橋の様なモノがあるなぁ。
ぼちぼち脚が痛いからバスに乗って帰りたいんだけどなぁ。

mukasimiti-569.jpg

階段かぁ、脚痛いなぁ。
んでもま、行くか。

mukasimiti-575.jpg

渡りきって下流から見上げて。
石積みの古そうな堰堤兼橋だった。
小河内ダム建設時と同じ時期だろうか。




mukasimiti-576.jpg

この辺りの案内板。
奥多摩なんて何十回と来ているが、こんな広場とう言うか、
遊歩道的なものがあるのは全く知らなかった。

mukasimiti-577.jpg

自動車も走れるってほど広い遊歩道。
なんだか旧道みたいで心地よい(笑)。




mukasimiti-580.jpg

通常はココが奥多摩側のむかし道入口らしい。
今歩いてきた道はこの左側になる右岸側。

mukasimiti-582.jpg

左を向けば小菅、もしくは奥多摩有料道路へと抜けるトンネルが見える。
ここ、ガードレールの切れ目で、
コーナーの外側に居るのでトンネルから出てくる車や単車の勢いが結構怖い。




mukasimiti-584.jpg

奥多摩湖に着いた。

mukasimiti-586.jpg

生憎晴天ではなかったが暑くも寒くも無く気持ちよく歩けた一日だった。
奥多摩むかし道、また訪れたいと思う。

mukasimiti-589.jpg

朝と色の違う奥多摩駅舎


より大きな地図で 奥多摩むかし道 を表示

おしまい

スポンサーサイト

コメント

ったく~~~;;;;ヾ(≧∇≦)

記事の下に・・・ん?なんだっ?
と~ちゃん・・・何書いてるんだっ?
・・・・・・・そう思って、ポチっ!・・・ぽち!って押しまくったら(^^;)

FC2ブログ全サーバに高速化の広告が表示だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・チッ;;;;

お疲れ!(^^;
陶器の便器はなんであんなにあるんだろね。失敗作?(^^;

最後はそこに出てくるんだ。
奥多摩はずいぶん行ったけど、道路以外のところは全く知らないからさ(^^;
のんびりと散策するのによさそうだなぁ。

◆*^^*)さん

ん?
あぁ。
ゆんべね重くなってる時間帯があって、
高速表示試したら速かったもんでさ(笑)
んでも、いちいち色が変わってうっとうしいからやめるわ(^^;

◆サトちゃん
便器ねぇ、写真は2枚しか載せてないけど、ものすごく沢山あったのよ。
男用の立ってするのとかもさ(笑)

むかし道ってさ、整備されたの最近みたいだから、
俺らが単車で行ってた25年前ぐらいに歩いたらどんなんだったろうね。
あの狭い区間は手すりが無かったらスリル満点だわな(笑)

お疲れ様~~(*_ _)ペコリ
い~~っぱい歩いたのね~~!
川沿いの遊歩道は気持ち良さそう・・・
奥多摩湖も、、1度だけ行ったっけなぁ・・・
どんなんだったかもう忘れてた・・・(笑

父方の古い家があった時は~~、、あんな模様のついた便器・・・あったよん(笑

◆meg.さん
結構疲れたけど、この後温泉入ってから数馬の素掘り隧道も行ったのよ(笑)。
10キロ以上は歩いたと思う。

あの便器ね、小平ふるさと村にもあって。
それで便器だ!ってすぐわかったの。
昔はシャレてたよねぇ(^^)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。