記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼鹿毛の馬頭観音




場所はココ

現在は埼玉県道109号になっているが、かつて国道254号線、旧川越街道沿いに建つ
だけど、なぜ三面六臂なのだろう
三面六臂といえば阿修羅像だよね
阿修羅といえば闘神とも鬼神とも・・・・・
三つの顔は怒り、哀しみ、忍耐・・・だっけか?


1005121.jpg

こういう伝説は後世に残したいものだね















スポンサーサイト

コメント

立派な阿修羅像ですね。。。
三つの顔? 怒り・哀しみ・普通の顔?って説もあるみたいだけど・・・
ホントは、何なんだろう。。。 
どの顔も憂いをひめてるには、違いないんでしょうね。

すごく感動的だけど、、、悲しい伝説ですね(_ _。)・・・シュン
ギルさんの言うとおり、こういう伝説は後世に伝え続けて
いつまでも、残していって欲しいです。。。
忘れてしまってる心とか・・・
人を想う気持ち・・・大切にしないといけないですね♪

こういうものには全然詳しくないから理由は分からないし、想像もつかないな。
伝説は語り継がれるけど、こうやって記録しておかないと忘れられちゃう時代になっちゃったっぽいよね。でも好きな人がネットにアップするから、逆に日本の誰でも知ることができるようになったかな。
あと、語り継がれないホントの経緯ってのも知りたいなぁ。

◆mamiさん

こういう像は人が造るものだから色々な想いや願いを秘めてるのは間違いないよね(^^)

これを現地で読んだ時涙出そうだったもの(^^;
しかも旧道だから車道が狭くて走れないから歩道を走るんだけど、
昔のガードレール式の歩道で幅が1m以下がほとんどで、
60cmぐらいしかない場所もあって、ま~走りづらくてこっちも泣きそうだったよ(笑)

◆サトちゃん


>語り継がれないホントの経緯ってのも知りたいなぁ。
そうなんだよね。
後年に美化して伝説になっちゃってるのも沢山あるだろうしね。
最近そういった番組もテレビで盛んにやってるけど、
テレビはなぁ、全く信用できんからなぁ(笑)
地元の古老にでも聞くしかないだろうね。

>三面六臂といえば阿修羅像だよね

馬頭観音は私の知る限り「三面九目八臂」のものが一番多いです。
この画像では見辛いですが、この馬頭観音も額に目があるようにも見えるね。

馬頭観音は本来は四方八方に奔走して四魔をやっつける菩薩なので、
私的には「四面八臂」がいいんじゃねぇの?と思ってるんですが、
四面八臂のものは見た事ありませんねぇ(笑)

◆三田村さん


>「三面九目八臂」のものが一番多いです
へぇー!!
そうなんだ!
風化しちゃって見えてないってことなんかな。
あとで元画像確認してみるね。

うん、オレも四面のは見たことないよ(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。