記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽村山口軽便鉄道 貯水池近辺偏#2




第二隧道
赤堀トンネル

yamagutimap2.gif

大した土被りではないから切通しにした方が安上がりのような気がするが、
ここは当時から集落があったらしいので地山を崩すのははばかられたのかもしれない。
100313-008.jpg

赤堀トンネルは直線ではなく内部(多摩湖側)で少し右に曲がっている。



100313-009.jpg

自転車道にするにあたってかなりの補強をされたとは思うが、
なんとなく水根貨物線とトンネル断面が似ている。




100313-010.jpg

第三隧道
御岳トンネル

100313-011.jpg

東側坑口
こちら側はあまり日当たりが良くないらしくなんだか薄暗いし、湿気が多い。
なぜ”御岳”なのだろう。
横田も赤堀も昔の地図を見ると地名だったようだが”御岳”という地名は無い。
”みたけ”なのか”おんたけ”なのかもわからない。


100313-012.jpg

100313-013.jpg

湿気が多い原因はこれだった。
山の水がどこからか湧き出していて蛍の生息地になってるらしい。



100313-014.jpg

さて、その先はこのように鉄道跡らしい線形が見通せる。



100313-015.jpg

現在の道路ではほぼ直角に左折する。
すると第四隧道 赤坂トンネルだ。
この“赤坂”も地名がない。
もしかすると村山貯水池に沈んだ集落の名残かも。

100313-016.jpg

セコムしてますか?
見落としていなければここで初めて見る。
・・・押すとどうなるんだろう・・・・・やめとこう(笑)

100313-017.jpg

北東側坑口
より自然に近づいてきた気がする。

というのも



100313-018.jpg

この自転車道としての利用はここまでで終わるのだ。
この柵を出た先は・・・

100313-019.jpg

水浸しになった土道となって鉄道跡は続いている。


<< つづく >>









スポンサーサイト

コメント

当時の風景を見てみたいな。
綺麗に整備されてるところより、この先が楽しみだよ。

◆サトちゃん


「水瓶軽便物語」って本があるらしいんだけど、
絶版だし、中古でも手に入らないのよね。
その本には色々な写真やら載ってるらしいんだけど。
なんとかなんない?(笑)

この先は来週以降っす。
今晩からトンズラすっから(笑)

残念ながら絶版本は扱ってないから(笑)
トンズラ? どこ行くん?
あ、例のとこか。
気をつけて~。
アザラシとっ捕まえてくれ!(笑)

◆サトちゃん


アザラシは見れなかったよ。

んでも尺を“普通に釣った”よ(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。